誕生日のいたずらで彼を驚かせた後に義父によって射殺された男

誕生日のいたずらで彼を驚かせた後に義父によって射殺された男誕生日のいたずらで彼を驚かせた後に義父によって射殺された男 写真クレジット:Facebook

フロリダの男性が侵入者であると思って義理の息子を致命的に撃ったとき、手の込んだいたずらは家族の悲劇に変わりました。

10月1日 クリストファー ベルガン、37、彼の義父を驚かせることを望んでノルウェーの彼の家からガルフブリーズに飛んだ、 リチャード デニス、彼の61歳の誕生日。しかし、ドアをノックして茂みから飛び出したとき、彼はデニスを驚かせ、銃を向けて発砲させました。



10月3日木曜日に行われた記者会見で、ボブジョンソン保安官郡は、デニスは特にいたずらに驚いたと語りました。



ジョンソン氏は、「11時30分に、玄関先で聞いたのと同じ種類の裏口をたたく音がデニス氏に聞こえる」と述べた。 「それで彼はバックポーチのライトをつけて、彼は出て行きます、そして、ベルガン氏はデニス氏を怖がらせて影から飛び出します。デニス氏は1ラウンドを放ち、ベルガン氏を攻撃し、即座に彼を殺しました。」

ベルガンはデニスの娘と結婚していた。二人はフロリダに住んだ後、ノルウェーに引っ越した。



ジョンソン氏は、ベルガンが「うなる」と飛びついたとき、デニスは「完全に驚いた」と語り、380の半自動銃を取り出すまで、二度と考えませんでした。ベルガンといえば、保安官はショットが「彼の心にまっすぐ」行ったと言いました。

ジョンソン氏によると、デニスが自分のしたことに気づくとすぐに911が呼び出され、救急隊員がベルガンの出血を止めようとした。空港から彼の義父の家に彼を運転したベルガンの友人も事故を目撃した。

ジョンソン氏は記者団に対し、「われわれの調査によると、これはまったくの偶然によるものであることが判明した」と語った。 「それは本当に悲しい出来事でした、そしてこの場合告訴は正当化されません。」



当局によると、偶発的な殺人は身元を間違えただけの悲しい事件であったため、デニスは起訴されません。

「そこに信心深い人は誰でも、あなたはこの家族のために祈る必要があります。彼らが何を経験しているのか想像できない」と彼は言った。 「私は、デニス氏がやったことをしたと推測するつもりはありません。つまり、彼はここにいます、彼は家の正面でちょうど対立をしました、数時間後、誰かが彼の裏口を叩いています。そして、それはフェンスで囲まれた庭であり、誰かが茂みから飛び出します。つまり、デニス氏に対して彼がしたことに対して何も言うことはできません。」

「あってはならないことは、恐ろしい事故だと思います」とジョンソン氏は付け加えました。

毎年約36,000人のアメリカ人が銃で殺されており、そのうち487人の死者は意図的ではない ギフォードズローセンター。